手厚いサポートを期待できるエムスタイルで家を建てよう

プロに聞いてみよう

住宅模型

どんなことでも質問できる

不動産会社が行っている借地相談に申込むには、電話またはネットで予約をとります。借地権についての基本的な質問については、メールや電話で質問に回答してくれる不動産会社もありますが、借地権についてのトラブルなどの込み入った事情がある場合には、担当者と相談者が面談を行うのが一番です。借地相談の予約をとる際には、仕事が終わった後や仕事がお休みの土曜日や日曜日にも相談できる不動産会社を選ぶと、平日は仕事で忙しい人でも時間を気にせずゆっくりと相談できます。予約した日に不動産会社の店頭を訪れると、来客用の個室や間仕切りしてあるブースなどに通されることがほとんどです。他のお客から見えないように配慮されている場合が多いため、プライバシーについての心配はありません。他のお客さんに相談内容を聞かれるのが心配な場合は、事情を話して、相談する場所を移してもらうなどのリクエストをしてみましょう。相談が始まると、住所や連絡先などの用紙に記入し、担当者から借地権についての基本的な事項について質問があります。土地の広さや借地権トラブルの内容などについて聞かれることになるため、できるだけ詳しく状況を話すようにしましょう。なお、借地権相談で話した内容は、厳重な社内規定により外に漏れることはありません。相談が終わると、専門家から問題を解決するための具体的なアドバイスを聞くことができます。ただし、借地権の権利関係や価格について、より詳しい調査が必要なケースもあります。その場合には、後日不動産会社がより詳しい調査を行った上で、日を改めて面談が行われることもあります。